忍者ブログ
登録専門家の皆様に、それぞれ得意な分野でコラムをご執筆いただきました。また、当センター職員によるコラムもお楽しみください。
[7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

湯浅 哲彦 (湯浅経営センター)  プロフィール
 

人事制度や賃金制度には成果主義以外にも

様々な○○主義という言葉が溢れています。

年功主義、能力主義、職務主義、実績主義、実力主義・・・等々。


年功主義は年功によって序列を作ることで、

能力主義は保有能力によって、

職務主義は携わっている仕事によって

人材をマネジメントすることと理解できるでしょう。
 
いろいろと見聞きしていて、

マスコミも含めて世間では成果主義を次のように捉えているようです。


「仕事の結果をむりやり数値化(目標の達成度等)し、

わずかな点数の差をもって

賃金や賞与に大きく反映させることにより

従業員のやる気を高めようとする仕組み」
 
つまり、成果を測定することが成果主義の本質と考えているようです。


正しい成果主義のスタンスは以下の通りです。
 
企業・組織に属する人は職業人として仕事に携わっているわけですから、

必ず成果が求められます。

成果が求められない仕事はありません。
 
従業員は自分に求められる成果を上げるために

努力しなければならないのは当然ですが、

企業・組織も従業員が成果を上げるような仕組みを作らなければなりません。
 
成果を上げる仕組みを人材マネジメントから作り上げていくのが、

成果主義人事制度と考えています。


「成果を上げて企業・組織を発展させること」が

成果主義の本質であって、

これまでの成果主義のように

「成果を測定して処遇に差をつけること」は明らかに間違っています。


以上のことをまとめると次のようになるでしょう。

これまでの間違った成果主義

→成果を測定する、人件費削減が目的

これからの正しい成果主義


→成果を上げる、 従業員のレベルアップを目指す



このブログでは、
支援センターの登録専門家によるコラムをご紹介します

拍手[1回]

PR
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
nashienjp
性別:
非公開
自己紹介:
中小企業の皆様が元気だったら、奈良の明日は明るい。」私たちはそう考え、県内中小企業の皆様を応援し続けます。具体的な業務内容はホームページをご覧ください
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]