忍者ブログ
登録専門家の皆様に、それぞれ得意な分野でコラムをご執筆いただきました。また、当センター職員によるコラムもお楽しみください。
[27] [26] [25] [24] [23] [22]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

  前回のコラムから約半月がたちました。あの時点で1ユーロが97円台でし

 たが、この原稿を執筆している今のレートは、1ユーロ=107.80円、また76

 円台だった1ドルも81.50円となっています。円高解消ですかね。この二週間

 の間に、日本経済の底上げが一挙に進み円高が解消される状況になったなど

 と誰も思えませんね。「ギリシャ支援策が固まったから」と一般には報道さ

 れていますが、「ヨーロッパでひねり出した資金をギリシャ経由ヨーロッパ

 の銀行のギリシャ国債の償還に回すので、欧州基幹国の銀行の経営が一息つ

 いた。」という風に見えてしまいます。そこで日本円に集中した余裕金融資

 金が「〈貯蓄に裏打ちされて、何かあっても自分たちの懐はあまり痛まない

 〉安全な日本円から出て行った」だけです。輸出中小企業の経営者さんの立

 場から見れば、「こんなことで、採算が苦しめられるのか?投機資金来る 

 な!いい加減にしてくれ。」と思えませんか?でも「昨今の円高は投機  

 だ!」と乱暴な言いきり方をしていいのか?とのご批判があるやもしれませ

 んが、日本国財務大臣もここ数年ずっと「投機的な動きには・・・」とのコ

 メントを言い続けていますね。私だけではありません。でもいわゆる「マス

 コミ」はこんな風には報道しません。なぜなら・・・。これを聞きたい方は、

 私のセミナーへどうぞ。


  本題に戻ります。ではどうすれば厄介な「投機資金」がやって来ないので

 しょうか。それが解れば私は財務大臣になれますが、やはり「資金が回る」

 事が必要なのではないでしょうか。「資金が動かない安全な冷蔵庫」だと思

 うから「お金」を一次保存するわけで、頻繁に冷蔵庫の扉が開け閉めされ、

 出し入れされるとなると、危なっかしくて且つ庫内の温度も上がります。通

 貨は経済の血液であるとは良く言われる事で、滞留させてはいけません。使

 って回さないと、結局自分の所に還って来ない=「収入がない」につながり

 かねないのです。先の不安の為に貯蓄を固める事自体は責められませんし、

 貯金を全て博打で使い切れ(某御曹司がやってましたが)というわけではあ

 りませんが、貯蓄を握ったまま死んでしまっては何もなりませんよ。不思議

 と政府も最近なぜか「休眠預金口座」などと言い始めました。右肩上がりで

 経済も人口も増える前提なら、貯蓄は将来の投資原資として有益ですが、市

 場も人口も先細りでは旧来の経済観念は通用しません。「自分で使ってそれ

 が自分に還ってくる」事を考えましょう。大きく儲けるのは困難でもそこそ

 こならできます。「え?経済が活性化すれば円高になるのでは?」という質

 問があるやもしれませんが、活性化が円高の理由ではなく、本来は金利の上

 昇すなわちインフレが原因だと思うのです。なのにこれだけ資金がジャブジ

 ャブの日本でハイパーインフレが何年も起こっていないのはなぜですか?そ

 れなのに円高はなぜですか?


  もうそんなつまらぬ議論で時間をつぶすよりも、一定額を「自分で使って

 自分に還る」すなわち「身の丈に合った市場拡大」を考える事が中小企業の

 急務ではないでしょうか。「あの貯蓄県である奈良が元気に動き始めた」と

 いうニュースが飛び交うだけでも実は大きな影響力があるのですよ。




  <<支援センター 経営支援課 経営支援係 販売支援グループリーダー 八木>>

拍手[1回]

PR
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリー
フリーエリア
最新CM
最新TB
プロフィール
HN:
nashienjp
性別:
非公開
自己紹介:
中小企業の皆様が元気だったら、奈良の明日は明るい。」私たちはそう考え、県内中小企業の皆様を応援し続けます。具体的な業務内容はホームページをご覧ください
バーコード
ブログ内検索
P R
アクセス解析
アクセス解析
忍者ブログ [PR]